快適な乗り心地

.4000V84カム.4〃、V8になると、これが3〃よりややスポーティさが出る。もちろんV8は最高級のインテリアと、快適な乗り心地を目的とした車だが、HTしかないのをみても性能はオーナー好みになっている。このエンジンはセルシオのものと同じで、32直6よりも高回転までよく吹け上がるV8である。重量もあるが、スタートからまったくそれを感じさせないぐらい低速トルクに余裕があり、焦ってアクセルを踏むと簡単に100m/hに達してしまう。ただし、この車にはTRC(トラクション・コントロール)がついているので、滑るような路面でタイヤは空転しそうになると、エンジンが自動的に吹かなくなる。故障ではない。余力が大きいのでほとんどDレンジで走るのが普通だが、こういう車でも、③②速のうまい使い方が運転を楽にするのは同じである。低速ではそのぶんアクセルの踏みしろが少なくなるので燃費にはそれほど影響しない。むしろ、エンジン・ブレーキのためにそうすると考えたほうがいい。ほかのクラウンと違うのは、サスペンションがエア・サスで、ハイト・コントロールもつく。タイヤも205/髄R通と大きい。したがって、高速道路では自動的にノーマルからLOに車体が下がるので直進安定性、車線変更時など向上しているが、それでも直進時にフワっとした感じがある時には、TEMSをSPORTに切り替えた方が不安がなくなる。愛車を高く買って欲しい?それなら、まずは、→中古車 高く売る こちらをご覧ください。

DY060_L

運転の秘訣

ただし、そのままでも最高速までOKだが、連続して走れるようになったら忘れずにスイッチを戻さないと不経済だ。最低このボタン一つは無精をしないほうが自分、て運転している・手応えが出る3fロイヤル・サルlンGではサスペンションは電子制御TEMSがつき、タイヤも195/mRMになるので接地力はまあ余裕がある。ただし、味付けとしてはあくまでも乗り心地優先で、スポーツにしてもそれほどシャープな感じには変わらない。これは、自分のもっている重量が運動の慣性となって邪魔する訳でそのぷんを見込んで余裕をとるのがクラウンの運転の秘訣である。いくら高性能だといってもフワッとした操縦感覚なので、とばす時には注意する。この3r車に乗っている人の習性として、カーブでもそのままハンドルだけで強引に通過しようとする。たしかにそれでも滑ることは少ないが、中に乗っている人は強い遠心力を受けて不快だ。FR車の特性として、カlプの多い道では2レンジ走行で、カーブの入り口では一瞬スピードを抑え、そこからあらためて3f車の得意な加速を生かすのがテクニックの基本だ。強力なディスク・ブレーキはそのためにある。また、カlプの中でアクセルを踏みす夜、ると結局はタイヤで失うロスが多く、ダイナミックに見えるが速く走れない◎このクラスになると車のハードは強化されるが、中に乗っている人が快適に感じる運転が適している。ドライバーだけでもそれは同じだ。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY065_L

大量排気の車

したがって、アクセルを急に踏みつけるようなスタートではそのままオートマチックが反応する。いわゆる滑りのような待ちがなく、そのままロー・ギアがダッシュする。これは多少の上り勾配でも構わず立ち上がるからそれに合った踏み方に注意する。あまりこの快感を味わっていると燃費が劣ってくるのが歴然としている。大排気量の車のうまい運転は、このスタート時のアクセルの踏み方にある。オートマチックもこのクラスになると強大なトルクにマッチングさせであるから効率はいいのだが、反面、高級車の乗り心地を損ねないように自動変速も時間をかけている。そのため、Eのギアで走っているかほとんE分からない。また、底力があるから弱い加速や、上り坂ではあまりダウンしない。そのため、大排気量車ではDレンジで無精して走っている人が多いが、ω同/h以下でも④速で走っているので自然にスピードが出て、たえずブレーキを踏んで忙しい。こんな市街地速度ではOD/OFFに切り替えて(オレンジのOD/OFFが点灯)走るとちょうEマニュアル車のサードのように細かい加速と、強いエンジン・ブレーキが効きアクセルでスピード調節がしやすくなる。力があるのになんでギア・ダウンするのか不満だろうが、ATのセレクタ!というのは前もって走行条件に合わせるためのものである。まあ、実際にそのほうが走りやすくなる。車の世界を見たいなら←こちらへどうぞ。オススメです!

DY071_L

接地性はいい

ただし、クラウンでは重量が重いのと、停止時の急激なギア・ダウンのショックを避けているため、Dレンジではエンジン・ブレーキの効きが弱い。スポーツ走行でなくても市街地などではOD/OFFとか、2レンジを生かすのがテクニックだ。同様にサスペンションも、実用本位にセッティングされているので、ロールは大きいが、重量があるのと、タイヤの接地性がいいいので2J車のハンドリングはむしろ軽快である。少し無理をしてもパワーにマッチした信頼がおけるサスペンションである。ただしステアリングはもともと反応がスローなのでとばす時にはタイミングが遅れないようにしたい。.2500ツインカム.新設計のショート・ストロークのミドル・シックスだが、ハイオク仕様で180PS、測地.mの強力な力を出す。とくにこのトルクの強さが2J車よりスタートの立ち上がりで余裕がある。しかも、このエンジンは振動が少なく高回転が出せるので、ギア・ダウンして③、②速で走っても静かである。まだクラウンには2#のスーパーチャージつきが残っているが、低速からの余裕では2.52のほうが楽である。スポーティに走りたい時には回転を上げると元気になる。.3000ツインカム.伝統ができた3〃クラウンだが、このビッグ・シックスは同じ6気筒でも回転の吹け上がりは遅いが、低速からの強大なトルクと、粘りがある。車の売買をお考えなら→まずはこちらからどうぞ。

DY081_L

しとやかな車

さて、クラウンになると違うのは車のサイズが大きくなるのと同時に、マークⅡなどより重くなることだ。しかも、習慣的にトヨタはクラウンだけは「しとやかな」車に仕上げる傾向がある。せっかくの静かさとスムーズさを強調するためだ。その典型的な違いは、2〃車のスタート時のフィーリングにある。最近のモデルは相当レスポンスが良くなったが、ATではいくら急加速をしようとしてもおとなしく出る。こういう車で気をつけたいのは、沢山人が乗っている時と降りた時では加速が違い、当然下り坂などのスタートでは予想より元気がいいことだ。この手のモデルはあくまでも実用向きなので、アクセルをいつもフルに踏む習慣がある人は気をつけたい。力がないといって全開走行するよりレンジを下げてギアで余力をつけることをすすめる。これが2000スーパーチャージ付きになると同じ2〃でもはるかに余力が出てくるのでスタートから楽に出る。ターボと違ってスーパーチャージはアイドリングを超えるとすぐに効きだす。それでもアクセルの表情によってそれを感知するから急がない時は静かにアクセルを踏んだほうがいい。エネルギーが出るということはそれだけガソリンを食っているからである。実用的な走行ではDレンジのままでもいいが、この余力を利用して2レンジを使えばスーパーチャージつきはかなりのスポーツ性が出てくる。車の買い替えを考えていませんか?←売るならまずはこちらからどうぞ。

DY082_L

車によって運転を変える

反面、メーカーもあまり燃費が悪くなっては評判を落とすから、排気量アップしたぶんの余裕トルクを全部加速のために使わず、高速ではエンジン回転を下げて省エネルギー型にしている。だから、高速道路で長距離を続けて走ると意外に燃費はいいのに、市街地ではよほど省エネルギー運転をしないと燃費が劣る。ドラィピング◎テクニッククラウンの場合、タクシーやワゴンを除きほぼ100%がオートマチック車である。別の言葉で言えばトヨタの4速オートマチック車は、このクラウンで必要だったからここまで育てられた。予備知識として知っておいて欲しいのは、トヨタの場合エンジンの性格ごとにATも違うマッチングであること。とくに、今の4速ATは同じように見えるが、電子制御なので細かいソフトで味付けを変えている。したがって、車によって運転も多少変えることが必要だ。では、まずドライビング・ポジションである。上級の車にはチルト・ステアリングに加え、ハンドルが前後にも調節できるが、クラウンの場合も車体が大きいのでできるだけ路面が立体的に見えるようにシートの高さを調節する。そのうえでリクライニング角度を決める。座高と足の長さによって個人差が大きいので甘く見ないほうがいいだろう。狭い道はもちろん、市街地で動きが不安定な車はだいたいが前が良く見えていないからだ。車の事をいろいろ知りたいならこちら→まずはここから始めよう。

DY084_L

重い車

重い車を動かすための大出力化なのだそこで重い車を高性能にするには、当然エンジンの余力が必要である。その欲望の結果が、22と同じボディなのに42エンジンまでエスカレートした。一体どのあたりがクラウンに適したエンジンなのかも興味があるだろう。明らかにこのボディで2″では力不足なので苦肉の策として小型ナンバーの要求に応えトヨタはターボほど手がかからないスーパーチャージを開発した。ところがその後税制が変わって2.5〃、3〃でも負担が軽くなったので、国際的に見ると自然吸気の2.5″がこのクラスに最低限必要なエンジンということになる。エンジン・パワー・アップは日本流の瞬発力のためクラウンに限らず、高級車に乗りたい人は運転も悠々としていたい。そのために値段が高いのは構わない、という気分である。ところが、ヨーロッパ車では最高速やクルージング・スピードを上げるためにエンジンを大きくするが、クラウンの場合はどちらかといえば街の中の低速でも、坂道でも苦労せずにトップで加速したいためにエンジンが大きくなった。日本で出せるスピードではせいぜい瞬間的に150m/hぐらいのものだから、その余裕パワーは粘りと、加速感に向けられ、それで日本のユーザーは満足している。明らかに、これがヨーロッパの高性能セダンや、トヨタ車の中でもセルシオの持つ性格との違いである。自家用車乗ってますか?←乗らなくなったらこちらへ。

DY085_L

車の操縦性

ほとんどのセクションはウェット路面を使用することになるので、限界体験といっても、それほどスピードは高くないので、ご安心を。また、このBMWドライバー・トレーニングのもうひとつの特徴は、他のドライピングスクールのように、自分のクルマを持ち込むのではなく、まったく同一のトレーニングカーが晦台も用意されているということだ。車種は、BMW325i4ドア、オートマチック仕様。あらかじめ用意されている同一車種を使用することによって、クルマによる操縦性のバラつきを考えずに済み、また、あなたたちも気兼ねなくクルマの限界を見極めることができるだろう。このことによって、免許さえ持っていれば、自分のクルマを持っていないドライバーでも参加できるようになっているわけだ。これは簡単なようでも音と振動との改良が長年続けられてきた結果である。フレームつきのボディがその利点だが、結果的にはボディを重くしている原因でもある。だが、安い車と違って、高級車には「重さこそ高級車の象徴」とさえ言われる別の概念がある。たしかにサスペンションより上の重量が重いほど乗り心地は良くなり、横風に対する安定性など接地力でも有利な条件になるからだ。問題は、カーブなどでの遠心力に耐える力や、高速から制動するためのブレーキ容量も大きくなければならない。車の総合的なバランスを保つためにクラウンは重装備になっている。車、乗っていますか?←乗っていないならこちらへ。

DY086_L

安全走行

ぼくの師匠でもあり、ラリーの神様との異名を持つラウノ・アルト!オンの理論をもとにし、西ドイツ本国で始められたこのトレー’一ングは、早くも皿年の歴史を持つに至った。そして、日本でも1989年から本格的に開校している。ところで、注意しておいてほしいのは、このトレーニングが速く走るためのものでも『また、うまく走るためのものでもないということだ。もし、あなたがBMWでサーキットを速く走ろうと思って、このトレーニングに来るというのだったら、それは間違っている。このトレーニングはズバリ、いかに安全に走るかを学ぶためのものなのである。プログラムは1泊2日というスケジュールの中で消化される。まず、夕方集合し、自動車とその走行を取り巻く理論の修得。つまり、教室での講習だ。唱台用意されるトレーニングカー。自分のクルマを持っていなくても、またBMWに乗っていなくても免許さえあれば、誰でも参加できる。そして、翌日はまる一日使って、その理論をコースでそのまま体験する。正しいドライピングポジション、ステアリング操作のし方などから始まって、フルブレーキングの方法、ブレーキングによる障害物回避、スキッドパッドによるアンダーステァ、オーバーステァ、スピンの体験、アクセルとステアリング操作によるドリフト走行など、走行力学の限界体験にまで及ぶ、極めて高度な内容を持っている。三度の飯より車が好きなら→こちらから、車に関する情報をご覧ください。

DY088_L

ドライビングスクール

最近各自動車メーカーでも古っやくドライビングスクールを積極的にやるようになってきた。これはとても喜ばしいことだ。これらの基となったのがこのBMWEヲ才パー・トレーニングであることはあまり知られていない。速く走るためではなく、安全に走るコツを修得してもらうトレーーラグ。最後に、ぼくがチーフインストラクターをやっている、BMWドライバー・トレーニングのことを紹介しておこう。皆さんは、今いったいどんなクルマに乗っているのだろうか。この本を読んでくださっている以上、ほとんどの方がBMWにお乗りになっているのだろう。ま、どんなクルマでもいい。問題は、皆さんが今、ご自身で乗っているクルマを完全にコントロールすることができているか、だ。このコントロールというのは、別にワインディングをカウンターステアで回れるといった類いのものではない。どのようなときにでも自分の管理下にクルマを置いておくことができているか、ということだ。当たり前のようではあるが、これができている人はあまりいない。それは、あまりにも最近のクルマの性能が高くなっているからにほかならない。そう、BMWをはじめとしたすべてのクルマは、今や皆さんが考えている以上の性能を持っているのだ。それなのに、ドライバーの技術が今までどおりであっていいのだろうか?この素朴な疑問から始められたのが、このBMWドライバートレーニングなのだ。他の車情報は←こちらから見れます。

DY080_L

« Older posts

© 2014 車の快適な乗り心地と操縦性

Theme by Anders NorenUp ↑