ただし、そのままでも最高速までOKだが、連続して走れるようになったら忘れずにスイッチを戻さないと不経済だ。最低このボタン一つは無精をしないほうが自分、て運転している・手応えが出る3fロイヤル・サルlンGではサスペンションは電子制御TEMSがつき、タイヤも195/mRMになるので接地力はまあ余裕がある。ただし、味付けとしてはあくまでも乗り心地優先で、スポーツにしてもそれほどシャープな感じには変わらない。これは、自分のもっている重量が運動の慣性となって邪魔する訳でそのぷんを見込んで余裕をとるのがクラウンの運転の秘訣である。いくら高性能だといってもフワッとした操縦感覚なので、とばす時には注意する。この3r車に乗っている人の習性として、カーブでもそのままハンドルだけで強引に通過しようとする。たしかにそれでも滑ることは少ないが、中に乗っている人は強い遠心力を受けて不快だ。FR車の特性として、カlプの多い道では2レンジ走行で、カーブの入り口では一瞬スピードを抑え、そこからあらためて3f車の得意な加速を生かすのがテクニックの基本だ。強力なディスク・ブレーキはそのためにある。また、カlプの中でアクセルを踏みす夜、ると結局はタイヤで失うロスが多く、ダイナミックに見えるが速く走れない◎このクラスになると車のハードは強化されるが、中に乗っている人が快適に感じる運転が適している。ドライバーだけでもそれは同じだ。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY065_L