ぼくの師匠でもあり、ラリーの神様との異名を持つラウノ・アルト!オンの理論をもとにし、西ドイツ本国で始められたこのトレー’一ングは、早くも皿年の歴史を持つに至った。そして、日本でも1989年から本格的に開校している。ところで、注意しておいてほしいのは、このトレーニングが速く走るためのものでも『また、うまく走るためのものでもないということだ。もし、あなたがBMWでサーキットを速く走ろうと思って、このトレーニングに来るというのだったら、それは間違っている。このトレーニングはズバリ、いかに安全に走るかを学ぶためのものなのである。プログラムは1泊2日というスケジュールの中で消化される。まず、夕方集合し、自動車とその走行を取り巻く理論の修得。つまり、教室での講習だ。唱台用意されるトレーニングカー。自分のクルマを持っていなくても、またBMWに乗っていなくても免許さえあれば、誰でも参加できる。そして、翌日はまる一日使って、その理論をコースでそのまま体験する。正しいドライピングポジション、ステアリング操作のし方などから始まって、フルブレーキングの方法、ブレーキングによる障害物回避、スキッドパッドによるアンダーステァ、オーバーステァ、スピンの体験、アクセルとステアリング操作によるドリフト走行など、走行力学の限界体験にまで及ぶ、極めて高度な内容を持っている。三度の飯より車が好きなら→こちらから、車に関する情報をご覧ください。

DY088_L